2008年12月24日

伊藤淳史 パンクでCDデビューするそうです

電車男のパンクですか・・。

ちょっと興味ありますね



ドラマ「電車男」などで人気の俳優、伊藤淳史(25)が来年2月25日にCDデビューする。3月公開の主演映画「フィッシュストーリー」(監督中村義洋)の劇中で、高良健吾(21)らと演じたパンクバンドでアルバムを制作。バンド名は「逆鱗(げきりん)」。銀幕から飛び出し、音楽界に殴り込みをかける。 「フィッシュストーリー」は伊坂幸太郎氏(37)の短編小説が原作。1975年、80年代、近未来の3時代に分かれて物語は展開。75年に売れなかったバンドの最後の1曲が、それぞれの時代の人々をつないでいく。この曲が「FISH STORY」。劇中歌は、映画の音楽を担当したシンガー・ソングライター斉藤和義(42)が作曲し、作詞は伊坂氏と2人で手掛けた。 歌、演奏はパンクバンド「逆鱗」が担当。リーダー兼ベースの繁樹(伊藤)、ボーカルの五郎(高良)、ドラムスの鉄矢(渋川清彦)、ギターの亮二(大川内利充)からなる4人組だ。 もともとミュージシャンの大川内、趣味でバンド活動をする渋川を除き、伊藤と高良は全くの素人。中村監督が「演奏できなかったら吹き替えを使う」とハッパをかけ、撮影開始(今年6月)の2カ月前から猛特訓。高良はボイストレーニング、伊藤は初体験のベースをマスターした。 アルバム「“フィッシュストーリー”スペシャルコラボレーション・アルバム(仮題)」は、「逆鱗×斉藤和義」名義で発売。4人の熱演のほか、斉藤によるソロバージョンもあり、12曲で構成。 伊藤は「伝えたい思いを少しでも誰かに届けられるようにメンバーみんなで一生懸命頑張りました」とコメント。斉藤も「本当に存在してるバンドのようでした」と絶賛しており、映画公開前後には音楽番組への出演など、銀幕の中だけではない展開を繰り広げる。

伊藤淳史 パンクでCDデビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081224-00000045-spn-ent


今日のラッキーキーワードは、「大場つぐみ」です。
posted by ヤマダ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111655884

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。