2008年12月09日

3年間で2兆円 雇用対策だそうですが・・

うう〜ん・なんだかすごい時代になってきましたね。

なんとか頑張りましょう。

 政府は9日、国会内で「新たな雇用対策に関する関係閣僚会議」を開き、追加雇用対策を決定した。 4000億円の雇用創出基金設立など今後3年間で2兆円規模の事業費を投入して140万人の雇用の下支えを目指す。 与党が5日に麻生首相に提言した内容を大筋で了承したものだ。深刻化する雇用情勢に対応するため、閣僚会議では、対策の迅速な実施に努めることで一致した。 会議には河村官房長官や中川財務・金融相、二階経済産業相、舛添厚生労働相ら関係閣僚が出席した。 追加対策は〈1〉雇用維持対策〈2〉再就職支援対策〈3〉内定取り消し対策−−の3本柱。雇用維持対策では、派遣労働者を正規社員として雇用した派遣先企業に1人当たり100万円(大企業は半額)を支給する助成制度を創設する。 再就職支援策では、4000億円の雇用創出基金を設立し、地方自治体が職を失った非正規労働者や中高年者に一時的な雇用機会を作る「緊急雇用創出事業」を実施するほか、地域で雇用創出を図る「ふるさと再生特別交付金」の増額を図る。雇用保険制度を見直し、非正規労働者に対する適用基準を「1年以上の雇用見込み」から「半年」に緩和する。 内定取り消し対策では、悪質な場合は企業名を公表するほか、内定を取り消された未就職者を年長フリーター向けの特別奨励金の対象に追加する。会議では、採用内定取り消しについて、特に緊急的な対応が必要だとして、舛添氏と塩谷文部科学相が連携を図ることで一致。大学生への啓発パンフレット配布などを実施するとした。 対策の財源は雇用保険料の積立金と一般財源から各1兆円を拠出する。 追加対策は10月末に政府が発表した景気対策を強化するものだ。首相の指示を受けて、与党の「新雇用対策に関するプロジェクトチーム(PT)」(座長=川崎二郎・元厚生労働相)が5日にとりまとめ、首相に提言していた。

3年間で2兆円 雇用対策を決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081209-00000014-yom-pol


今日のラッキーキーワードは、「青春/JUN SKY WALKER(S)」です。
posted by ヤマダ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110952289

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。